トップへ » 院長あいさつ

ご挨拶

院長あいさつ

ひだ矯正歯科では、小児矯正から成人矯正、部分矯正まで取り扱っており、患者さまのご要望に沿えるようさまざまな装置をご用意しています。矯正治療において「咬合」を最も重視し、理想的な咬み合わせをご提供いたします。矯正治療の認定医として、高い技術と豊富な経験を持っていますので安心してご相談ください。

また、矯正治療は期間や費用面で患者さまの負担も大きい治療です。そのため、私たちも患者さまと二人三脚で共に頑張っていきたいと思っています。コミュニケーションを密に取り合い、些細なことでも相談しながら治療を進めていける環境づくりに取り組んでおります。

1,000人以上の咬み合わせを改善してきました

院長あいさつ私は、歯科医師を目指して入学した鶴見大学で矯正治療に興味を持ち、卒業後、同大学の矯正科に進みました。そこで矯正について専門的に学び「咬み合わせ」の大切さを知りました。

どんな治療をしても、咬み合わせがしっかりとしていなければ、虫歯や歯周病、さらには全身疾患の原因を完全に取り除くことはできません。そうしたことを学んでいくうちに、患者さま一人ひとりの咬み合わせを改善していきたいと強く感じ、矯正治療の専門医となりました。

それからはたくさんの患者さまに出会い、今では1,000症例以上の経験を積みました。その経験数と技術を認められ「日本矯正歯科学会」より矯正治療の「認定医」として認定いただきました。

咬合の大切さを知っていただき、患者さまと共に二人三脚で頑張りたい

院長あいさつ矯正治療をご希望される患者さまの多くは、やはり「歯並びをキレイにしたい」とおっしゃって来院されます。

はじめは、審美歯科のような感覚でいらっしゃいますが、当院では歯並びが引き起こす影響や咬合の重要さをしっかりとご説明させていただいています。矯正治療をしていく中で咬み合わせの大切さに気付いていただける患者さまも多く、部分矯正をされていても途中から全体矯正に切り替える方もいらっしゃいます。

私は、理想的な咬合を実現することが矯正医の本来の使命だと考えます。その実現のためにも、私一人が頑張るのではなく、患者さまと二人三脚で一緒に頑張っていくことが大切だと思っています。たとえば、歯を動かす作業は私が行いますが、毎日の歯磨きでのケアや違和感を我慢していただくことは患者さまの役目です。

最後には「矯正して良かった」と思っていただけるよう、審美性にも機能性にも優れた矯正治療をご提供していきたいと思っています。

そのためにも、矯正中のコンプレックスをなくしてあげることや、精神面のフォローなどにも積極的に取り組んでいます。私が考える理想だけでなく、患者さまと共に考える「理想」を作っていきたいのです。

笑顔で「ありがとう」と言っていただける喜び

院長あいさつ矯正治療の専門医になってからは、毎日がやりがいを感じる日々です。正しい咬合が作れたとき、矯正治療が終了したときなど、さまざまな喜びがありますが、一番は矯正をしてキレイな歯並びを手に入れた患者さまより、感謝のお言葉をいただいたときです。

「友達にほめられた」「彼氏ができた」「自信を持って思いっきり笑えるようになった」「笑顔で結婚式ができた」...など。

そんなたくさんのお言葉を笑顔でご報告いただいたときは、何よりもやりがいを感じます。歯並びに自信がなく、検診の際の口腔写真を撮ることさえ嫌がっていた患者さまが、だんだん楽しんで撮影をしていらっしゃる姿なども珍しくありません。

患者さまの人生を明るく照らすきっかけを作れることが、この仕事をしていて良かったと感じる瞬間です。

通い続けていただけるような、居心地よい歯医者さんを目指します

院長あいさつ当院は、患者さまが気軽にご来院できるようなアットホームな歯科医院を目指しています。そのため、院内は白い木目調にこだわり、落ち着いた雰囲気を大切にしています。リラックスできるよう、4種類ご用意しているアロマを焚き、歯科医院というイメージを取り払った空間を演出しています。

矯正治療は、治療期間はもちろん、治療後のメインテナンスまで「通い続けていただくこと」が大切です。患者さまにとって、5年10年とずっと通い続けることができる歯科医院でありたいと考えています。そのためにも、空間はもちろんですが、コミュニケーションを大切にして信頼関係をしっかりと築いていきたいと思っています。

患者さまのご要望を取り入れながら、時には歯科医師としてしっかりとしたアドバイスを行い、時には友達のように会話を楽しんでいきたいのです。

これからも地域に根付き、お口の中の健康を根本からサポートしてまいります。お子さまの成長と共に、ひだ矯正歯科もゆっくり成長していきたいと思っています。

院長プロフィール

院長あいさつひだ矯正歯科 院長 飛田康平(ひだこうへい) 
日本矯正歯科学会認定医

【経歴】
1976年生まれ
2001年3月 鶴見大学歯学部歯学科卒業
2001年4月 鶴見大学歯学付属病院 臨床研修歯科医
2002年4月 鶴見大学歯学部付属病院 歯科矯正学講座 診療科助手
2007年4月 鶴見大学歯学部付属病院 歯科矯正学講座 臨床助手
2007年9月 日本矯正歯科学会認定医取得
2008年4月~2012年3月 常盤矯正歯科医院 勤務 (2009年より院長)

【所属学会】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本舌側矯正歯科学会
インビザライン認定ドクター
社団法人 神奈川県歯科医師会 会員
社団法人 藤沢市歯科医師会 会員

【発表論文・学会発表など】
骨格性下顎前突症における外科的矯正治療後の軟組織側貌の予測
Prediction of lateral soft tissue profile following orthognathic surgery for mandibular prognathism
Orthodontic waves : 日本矯正歯科学会雑誌 66(2), 72-80, 2007-06-25


トップへ » 院長あいさつ



TOP