トップへ » 院長あいさつ » 1,000人以上の咬み合わせを改善してきました

1,000人以上の咬み合わせを改善してきました

院長あいさつ私は、歯科医師を目指して入学した鶴見大学で矯正治療に興味を持ち、卒業後、同大学の矯正科に進みました。そこで矯正について専門的に学び「咬み合わせ」の大切さを知りました。

どんな治療をしても、咬み合わせがしっかりとしていなければ、虫歯や歯周病、さらには全身疾患の原因を完全に取り除くことはできません。そうしたことを学んでいくうちに、患者さま一人ひとりの咬み合わせを改善していきたいと強く感じ、矯正治療の専門医となりました。

それからはたくさんの患者さまに出会い、今では1,000症例以上の経験を積みました。その経験数と技術を認められ「日本矯正歯科学会」より矯正治療の「認定医」として認定いただきました。


トップへ » 院長あいさつ » 1,000人以上の咬み合わせを改善してきました



TOP