トップへ » 院長あいさつ » 咬合の大切さを知っていただき、患者さまと共に二人三脚で頑張りたい

咬合の大切さを知っていただき、患者さまと共に二人三脚で頑張りたい

院長あいさつ矯正治療をご希望される患者さまの多くは、やはり「歯並びをキレイにしたい」とおっしゃって来院されます。

はじめは、審美歯科のような感覚でいらっしゃいますが、当院では歯並びが引き起こす影響や咬合の重要さをしっかりとご説明させていただいています。矯正治療をしていく中で咬み合わせの大切さに気付いていただける患者さまも多く、部分矯正をされていても途中から全体矯正に切り替える方もいらっしゃいます。

私は、理想的な咬合を実現することが矯正医の本来の使命だと考えます。その実現のためにも、私一人が頑張るのではなく、患者さまと二人三脚で一緒に頑張っていくことが大切だと思っています。たとえば、歯を動かす作業は私が行いますが、毎日の歯磨きでのケアや違和感を我慢していただくことは患者さまの役目です。

最後には「矯正して良かった」と思っていただけるよう、審美性にも機能性にも優れた矯正治療をご提供していきたいと思っています。

そのためにも、矯正中のコンプレックスをなくしてあげることや、精神面のフォローなどにも積極的に取り組んでいます。私が考える理想だけでなく、患者さまと共に考える「理想」を作っていきたいのです。


トップへ » 院長あいさつ » 咬合の大切さを知っていただき、患者さまと共に二人三脚で頑張りたい



TOP