トップへ » 症例集

歯がデコボコ

●歯の列がでこぼこしている
●歯に食べカスが残りやすい
●笑うと犬歯(八重歯)が見える

このような症状は「叢生(そうせい)/乱杭歯、八重歯」の可能性があります。
あごの大きさと歯の大きさのバランスが悪いことが原因として挙げられます。磨き残しが多くなるため、虫歯や歯肉炎を起こしやすくなります。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後

  

受け口で悩んでいます

●あごがしゃくれている
●口を閉じると、下の歯列が上の歯列よりも前に出ている
●うまく咀しゃくができない
●言葉が聞き取りにくい、と言われることがある

このような症状は「反対咬合(はんたいこうごう)」(一般的には「受け口」)の可能性があります。
遺伝的な要因もありますが、小さい頃の、上唇を吸い込んだり舌を突き出したりする口元の癖が原因となっていることもあります。できるだけ早期の治療が望まれます。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後

  

出っ歯がずっと気になっています

●上の前歯が下の前歯よりも、ひどく前に出ている
●上唇が上ったままで、口を閉じにくい
●無理をして口を閉じると、口元が不自然に歪む

このような症状は「上顎前突(じょうがくぜんとつ)/出っ歯」(一般的には「出っ歯」)の可能性があります。
上あごの成長し過ぎ、下あごの成長不足、指しゃぶりなどが原因で、口呼吸の子どもにも症状が見られます。口が閉じにくいために外気が入りやすく、歯肉炎や扁桃腺炎などを発症する恐れがあります。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後

  

咬み合わせが深い

●咬み合わせると前歯が深く沈み、上の歯が下の歯を隠してしまう

このような症状は「過蓋咬合(かがいこうごう)/ディープバイト」の可能性があります。
第一の原因は遺伝ですが、乳歯の早期喪失、虫歯による奥歯の欠損放置、顔面の骨格不調和なども原因のひとつです。下あごにストレスをかけ続けてしまうため、顎関節に悪影響を与えることもあります。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後

  

前歯がうまく閉じられない

●口を閉じても上の前歯と下の前歯の間に隙間ができてしまう
●舌を前方に突き出す癖がある

このような症状は「開咬(かいこう)/オープンバイト」の可能性があります。
原因は、遺伝のほか、骨格的要因、指しゃぶり、舌を突き出す癖、口呼吸などがあります。前歯で食べ物を咬み切ることが難しく、横の歯で咬み切るため、食事に時間がかかります。言葉が不明瞭で聞き取りにくくなる場合もあります。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後

  

すきっ歯で悩んでいる

●歯と歯の間が空いている
●サ行などが発音しにくい

このような症状は「正中離開(せいちゅうりかい)」の可能性があります。
あごと歯の大きさが合っていない、生えてきている歯が足りない、上唇の裏側にあるひだの位置が適切ではないこと(上唇小帯の付着異常)などが原因です。発音がしにくく、見た目もよくありません。

<治療前>
治療前
下へ
<治療後>
治療後


トップへ » 症例集



TOP