トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 目立たない矯正装置

目立たない矯正

目立たない矯正

「歯並びは治したいけど、矯正装置が目立つのが嫌だ」。そんな理由で矯正治療を諦めていませんか?当院では、審美性の高い矯正装置を多数取り揃えています。患者さまのご要望や症状に合わせた「目立たない矯正装置」をご提供しています。

目立たない「ホワイトワイヤー」

歯の表面に装着していても目立ちにくい「ホワイトワイヤー」を採用しています。「セラミックブラケット」を組み合わせることで、さらに審美性を高めます。

ホワイトワイヤー矯正を隠したいけれど、費用も安く抑えたいという患者さまには、歯の表面に取り付けるホワイトワイヤーをお勧めします。白いコーティングの「ホワイトワイヤー」と、透明の「セラミックブラケット」を組み合わせた目立ちにくい矯正装置です。

ホワイトワイヤーとは?
ホワイトワイヤーとは、表面を白くコーティングした目立ちにくいワイヤーです。当院ではこれに、セラミックでできた半透明で歯の色に近いブラケットを組み合わせています。審美性が非常に高く、女性や接客業などの患者さまに人気があります。

当院でこのホワイトワイヤー矯正をしたところ、矯正中お父さまに「いつ矯正をはじめるの?」と聞かれた患者さまもいらっしゃるほどです。また、保育士をしている患者さまも、矯正装置が見えないので「子供に怖いと言われなくて助かる」とご報告いただきました。

歯の表面に装着する矯正装置の中では、最も目立たないものとも言われていますのでお勧めです。

<ホワイトワイヤーのメリット>
●裏側矯正よりも安価
●装置が目立たない

<ホワイトワイヤーのデメリット>
●塗装が禿げてワイヤーの金属が多少露出することがある

思いっきり笑っても気付かれない「裏側矯正」

見た目ではわからない裏側矯正で、誰にも気付かれずに矯正ができます。人と接するお仕事や審美性が求められるお仕事の方に人気です。

裏側矯正「矯正していることを知られたくない」「職業柄装置を隠したい」。そんな患者さまにお勧めなのが「裏側矯正」です。「舌側矯正」とも呼ばれており、歯の裏側に装置を装着するので、見た目ではわからずに矯正することができます。

裏側矯正とは?
裏側矯正とは、「リンガルブラケット」という装置を歯の裏側に取り付ける矯正方法です。表側からはまったく装置が見えないので、接客業や営業職などの人と接することが多い職業の方にお勧めです。

通常、裏側矯正は表側の矯正よりも治療期間が長いと言われていますが、歯並びによっては表側よりも治療期間が短くなる場合もあります。

<裏側矯正のメリット>
●他人に気付かれない
●歯並びによって治療期間が早い場合がある

<裏側矯正のデメリット>
●装着当初は話しづらい
●装着当初は口内炎ができやすい
●治療期間が長い
●比較的高価

取り外しができる透明の「マウスピース矯正」

軽度の症例の患者さまには「マウスピース矯正」がお勧めです。取り外しが可能なので汚れを残さず食事や歯磨きができます。

マウスピース矯正軽度の症例の患者さまには「マウスピース矯正」をお勧めしています。過去に一度矯正をしてずれてしまった方や、前歯の重なりが気になる方など、若干の調整や部分的な矯正に適しています。歯磨きや食事の際などには取り外しが可能ですので、汚れが残りにくく、虫歯や歯周病予防にもなります。

マウスピース矯正とは?
取り外しができて目立たないマウスピース型の矯正装置をマウスピース矯正と言います。審美性にも優れ、とても目立ちにくい見た目です。また、ブラケットを装着する場合より違和感も少なく喜ばれています。

マウスピース矯正の流れ
マウスピース矯正は、食事中や歯磨きを除き、1日17時間以上の装着が必要です。そのため、規則正しい生活を送っている方に適しています。定期的に新しいマウスピースと交換しながら歯並びを調整していきます。

【STEP1】来院 型を取る
装置には基本的に「ソフト」「ミディアム」「ハード」の3種類があります。1か月に1回程度型を取り、少しずつ歯を動かしていきます。
(来院は月2回となります)
次へ
【STEP2】ソフトを10日間装着
型取りの際に、ソフトとミディアムをお渡ししますので、ソフトから装着していただきます。
(ソフトとミディアム合わせて20日間の装着となります)
次へ
【STEP3】ミディアムを10日間装着
ソフトを10日間装着していただいた後、ミディアムを10日間装着していただきます。
次へ
【STEP4】来院 印象取り
ソフトとミディアムを合計20日間装着後、再度ご来院いただいて印象を取ります。
印象を取った後、ハードをお渡しします。
次へ
【STEP5】ハードを10日間装着
ハードを10日間装着していただきます。
次へ
上記を4~12回程度繰り返し、理想の歯並びになれば完了です。

<マウスピース矯正のメリット>
●取り外し可能
●透明で目立たない
●装置を使用しない
●金属アレルギーの方でも使用できる

<マウスピース矯正のデメリット>
●咬み合わせの改善はできない
●軽度の症例のみ対応
●タバコの煙(ヤニ)で黄ばんでしまう

※カスタムメイド(マウスピース型等)の矯正装置の注意事項
昨今、国内外で製作されたカスタムメイド(マウスピース型等)の矯正装置が患者さんに使用される事例が増加しており、それに伴い一部の装置ではトラブルも発生しております。カスタムメイドの矯正装置は国内外で製作されたものを問わず日本国の薬事法上の医療機器に該当しません。とくに海外カスタムメイド矯正装置を用いた治療を行う場合は歯科医師個人の全責任において使用しております。

マウスピース矯正をお考えの方は、十分にご検討をされた上で、かつ正しい知識をある歯科医院で治療を行うことが望まれます。ご不明な点がございましたらいつでもご相談下さい。

日本矯正歯科学会からのお知らせ


トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 目立たない矯正装置



TOP