トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 歯を抜かない矯正とは?

歯を抜かない矯正とは?

「歯を残すこと」が歯科医師の本来の努めです。患者さまのご要望も考慮し、本当に必要な抜歯のみを行います。

歯を抜かない矯正

矯正治療の際「なるべく歯を抜かずに矯正したい」という患者さまが多くいらっしゃいます。健康な歯をわざわざ抜いてしまうことは誰だって嫌なものです。近年は歯を抜かずに矯正治療を行う「非抜歯矯正」も話題になっており、抜歯を望まない患者さまが増えています。

当院では、できる限り歯を抜かない矯正治療を心がけています。歯科医師の本来の目的である「患者さまの歯を残すこと」。それは矯正歯科を専門とする歯科医師も同じことです。もちろん、理想的な歯並びを実現するためには、歯が動くスペースを確保することが必要不可欠です。そのため、必要最低限の抜歯を行い、より良い咬み合わせを作ってまいります。

抜歯が必要なケース
矯正治療の最大の目的は「理想的な咬合の確立」であり、咬み合わせの問題を解決する治療とも言えます。上下の歯がしっかりと咬み合うことで、はじめて歯が正しく機能します。そのため、お口の中の状態によっては抜歯をした方が良い場合があります。

患者さまに適切な治療をご提供するため、当院では事前にさまざまなシミュレーションをしています。そのシミュレーションをもとに判断し、本当に抜歯をするべき症例のときに抜歯をお勧めしています。抜歯をした場合としなかった場合のメリットとデメリットをしっかりご説明し、患者さまご自身で選択していただきます。

抜歯をしたくない方はお伝えください歯を抜かない矯正
メリットとデメリットをしっかりご理解されていても、やはり抜歯を躊躇されてしまう患者さまもいらっしゃいます。そういった患者さまには無理にお勧めせず、歯を抜かない形で最適な治療方法をご提案いたします。

ただしこの場合、通常よりも期間はかかってしまいますが、経過を見ながらゆっくり治療を進めていきます。歯並びやお口元に違和感が生じてしまう場合は、途中からでも抜歯は可能ですので、不安があれば遠慮なくお伝えください。


トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 歯を抜かない矯正とは?



TOP