トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 小児矯正

小児矯正

しっかりとしたご説明で、お子さまだけでなく保護者さまの不安も取り除きます。最適な時期に矯正をスタートするために、早めの来院をお勧めします。

小児矯正

幼少期から矯正治療を行う目的は「永久歯に生え変わったときに、歯を抜かずに済むようなあごの環境を整える」ことです。

永久歯を抜かずに矯正ができる、あごの成長バランスを整える、お口の悪い癖を改善し本来の機能を取り戻すなど、小児矯正にはさまざまなメリットがあるのです。そのためにも、矯正治療は早めに開始することが重要です。

お子さまだけでなく保護者さまも不安
「子供でも矯正装置が使えるの?」「痛みは我慢させるべき?」小児矯正において、保護者さまは多くの疑問をお持ちです。矯正治療を経験したことのない保護者さまは、矯正の開始時期や治療期間、費用、治療中の痛みなど、何もわからない状態からのスタートなのです。ご自身がわからないことをお子さまに経験させるのは不安です。

当院で小児矯正を行うお子さまは、保護者さまと一緒に来院されています。どのような処置をしているのかご確認いただき、治療の都度保護者さまともしっかりコミュニケーションを取ることで、お子さまだけでなく保護者さまの不安も取り除いていきます。

小児矯正をはじめるタイミングは?小児矯正
お子さまの矯正治療は、一般的に永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6~7歳程度で開始するのが理想とされています。しかし、歯やあごの成長は一人ひとり異なります。早い時期に治療を開始するべきか、成長を待ってから開始するべきか、しっかりと判断することが大切です。

あごの変形が強い症例など、成長上アンバランスな部分が出始めたころからの処置が理想的と言えます。また、骨格の歪みを放置してしまうと、5年後10年後にはさらに歪みが進み、矯正治療が不可能となってしまう場合もあります。そのため、幼児期に早めに歯科医院にて検診することをお勧めします。

小児矯正療の流れ

小児矯正は成人矯正と異なり、第1期治療と第2期治療の2つのステップに分けられます。

小児矯正療の流れ【STEP1】第1期治療
第1期治療は、あごの成長や歯の生え変わりを順調に行うために誘導していく期間です。永久歯が生えてくるためのスペースを確保し、咬み合わせの改善をして歯並びやあごの成長に悪影響を及ぼさないようにしていきます。

このステップがうまくいくと、第2期治療で永久歯を抜歯せずに治療を行える可能性が高まります。

小児矯正療の流れ【STEP2】第2期治療
第2期治療は、成人矯正と同じようにワイヤーで矯正をしていきます。上下すべての歯にブラケットを装着して歯を動かしていきます。このステップで完全な咬合に仕上げます。

当院の小児矯正メニュー

当院で取り扱っている装置は、1日10時間以上、1年以上の装着で治療効果が見込めます。より効果をあげるために、できるだけ長時間、長期間の使用が理想的ですが、一人ひとりのライフスタイルに合わせて最適な使用をご提案しています。

拡大床(プレート)拡大床(プレート)
取り外し可能なプレートで、歯の移動とあごの骨の拡大を行う治療方法です。また、歯の土台そのものを正しい大きさに拡大することができます。取り外しが簡単なので食事の際などにお子さまご自身で外すことができるのも便利です。

バイオネーターバイオネーター
下あごの成長を前方や後方に誘導し、下あごと上あごの咬み合わせを改善する矯正装置です。「出っ歯」「受け口」「過蓋咬合」の治療に適しています。

ヘッドギアヘッドギア
上あごが下あごよりも成長することで起きる「上顎前突」や「出っ歯」に適応する矯正治療です。

上あごや第一大臼歯から後方に力をかけ、頭部から後ろに引っ張るよう装着することで上あごの成長を抑制し、上あごの奥歯を後方に移動させます。取り外しが簡単で、寝ているときや自宅内で装着するので学校に矯正装置を付けて行きたくないというお子さまにも最適です。

フェイシャルマスクフェイシャルマスク
上あごの成長が悪く下あごの方が成長してしまっている「受け口」に適用される矯正治療です。

おでこと下あごの間についている金具部分に、上あごを前方に引っ張り下あごを後方に抑えるためのゴムを取り付けることで受け口を改善します。通常は、寝ているときや自宅内で使用します。


トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 小児矯正



TOP