トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 小児矯正 » 小児矯正

小児矯正

しっかりとしたご説明で、お子さまだけでなく保護者さまの不安も取り除きます。最適な時期に矯正をスタートするために、早めの来院をお勧めします。

小児矯正

幼少期から矯正治療を行う目的は「永久歯に生え変わったときに、歯を抜かずに済むようなあごの環境を整える」ことです。

永久歯を抜かずに矯正ができる、あごの成長バランスを整える、お口の悪い癖を改善し本来の機能を取り戻すなど、小児矯正にはさまざまなメリットがあるのです。そのためにも、矯正治療は早めに開始することが重要です。

お子さまだけでなく保護者さまも不安
「子供でも矯正装置が使えるの?」「痛みは我慢させるべき?」小児矯正において、保護者さまは多くの疑問をお持ちです。矯正治療を経験したことのない保護者さまは、矯正の開始時期や治療期間、費用、治療中の痛みなど、何もわからない状態からのスタートなのです。ご自身がわからないことをお子さまに経験させるのは不安です。

当院で小児矯正を行うお子さまは、保護者さまと一緒に来院されています。どのような処置をしているのかご確認いただき、治療の都度保護者さまともしっかりコミュニケーションを取ることで、お子さまだけでなく保護者さまの不安も取り除いていきます。

小児矯正をはじめるタイミングは?小児矯正
お子さまの矯正治療は、一般的に永久歯の前歯と奥歯が生えてくる6~7歳程度で開始するのが理想とされています。しかし、歯やあごの成長は一人ひとり異なります。早い時期に治療を開始するべきか、成長を待ってから開始するべきか、しっかりと判断することが大切です。

あごの変形が強い症例など、成長上アンバランスな部分が出始めたころからの処置が理想的と言えます。また、骨格の歪みを放置してしまうと、5年後10年後にはさらに歪みが進み、矯正治療が不可能となってしまう場合もあります。そのため、幼児期に早めに歯科医院にて検診することをお勧めします。


トップへ » 当院の特徴と治療科目 » 小児矯正 » 小児矯正



TOP